滋賀県米原市地域情報観光ポータルサイト

広告掲載について

インタビュー

米原市でウェブ製作会社を設立、澤渡健太郎さん(ベストアンサー株式会社代表)第1弾

米原市に事務所を置くベストアンサー株式会社の代表であり、かつウェブデザイナーとしてお仕事をされている澤渡健太郎さんにインタビューさせて頂きました。20代で起業という選択をした澤渡さんの想いや興味深いお話を伺う事ができました。ウェブの世界に興味がありこれからウェブ関連の仕事がしたい、米原で仕事をしたい思っている方ならとても面白い内容だと思います。

澤渡健太郎さんプロフィール

学生時代から英語が好きだったと語る澤渡さんは、大学ではフランス文学を専攻。フランス留学も経験し、現地の卓越した芸術やデザインに触れ自身もデザインをやりたいと決意。その後は芸術大学に入りなおしデザインを学ぶことに。

卒業後はデザイン系の一般企業に就職、フリーランスを経てベストアンサー株式会社として法人化されました。

フランスの芸術に触れデザインに目覚める

ウェブにお詳しいという事で色々教えてください。本日はどうぞよろしくお願い致します。
はい、こちらこそお願いします。答えられるかな?(笑)
Q1.子どもの頃はどんな人でしたか?勉強とか、スポーツとかについて。
部活はソフトテニスをやってましたね。勉強は割と好きやったんで、周りからも勉強ができる子って見られてたと思います。
何が得意だったのですか?
英語が好きでしたね。
英語ですか!そうすると英語をお話になるんですか?
まぁ日常会話程度ですが。
Q2.子どもの頃から何になりたいとか将来の夢はありましたか?
えーっとね…。特に何もなかったんですよね。英語が好きだったという事もあって、ハワイの大学に行きたいなんて思ってたんですよね。僕は彦根東高校へ行ってたんです。進学校なのでみんな頑張って勉強するんですが、一人だけハワイの大学に行こうとしてて、ちょっとおかしい人やなみたいになってました。

でも結構ギリギリになってやっぱり日本の大学にしとこうかなと方向転換して、勉強し直して早稲田大学に入りましたね。

Q3.高校生、大学生となって興味の移り変わりはありましたか?
大学はフランス文学を専攻してたんです。その理由は何となくオシャレそうやったからっていう(笑)。大学行って勉強するじゃないですか。でも大学生って割と暇やし何したらいいんやろと思ってて、大学2年の時にフランスに1ヶ月くらい留学させてもらったんですよ。そしてフランス行ったらオシャレやなぁと。
イメージ通りフランスはオシャレだったんですね。
フランスの芸術に触れて、これはいいなぁと思いました。フランスのアート、美しいデザインを見て自分もデザインでやっていきたいなぁと心に決めたものがありました。当時大学2年生で、そして文系の大学だったので今後の進路を考えた時に一般企業に就職してサラリーマンになるという未来が見えてくるじゃないですか。それを考えた時に何か違うし、僕にはできないなぁと。
一般企業には就職できないと?
そうそう。自分で出来る事を身につけて将来は独立したいなという想いがどこかにありました。フランスに行って美しい物に触れて感動した事もあって半年間休学したんです。その結果やっぱりデザインをやりたいと思って何を思ったか早稲田を中退したんです。
それはまた大きな決断でしたね。
はい、その後京都にある嵯峨美術大学に2年間通いました。2年間だったら早稲田と合わせて4年なのでいいかなと。大学卒業後はデザイン系の会社に就職しました。
先程は就職できないと仰っていましたが、やっぱり就職したのですか?
1回は社会人も経験しておいた方がいいだろうと。
その会社はウェブデザインですか?
ウェブデザインはもちろんですが、紙媒体も映像もやっている会社でした。制作関係を幅広く手がけている会社だったので、幅広く知識を学べそうだなぁと。僕はその会社でウェブディレクター(※)として働きました。
※ウェブディレクターはウェブ事業を企画、管理、統括する仕事。例えばウェブサイトのリニューアルを担当するグループのトップに立つ人で、管理が主業務で実際に制作に携わる事はない。
就職はしたんですが、16ヶ月くらいで辞めたんです。
それはもう入社する時から辞めるつもりだったんですか?
まぁ将来的には独立を考えていたので3年くらいは頑張ろうかなと思っていたんですけど、ちょっと事情があって会社を引き継ぐ事になりました。
!?

ベストアンサー株式会社の代表となった経緯

大学時代からお世話になっているジェネロスハーツという会社があったんですが、当時から手伝える事があったら手伝ったり色々お仕事をやらせて頂いていました。ジェネロスハーツの法人を辞めて個人事業主に戻りたいそうで、それで社長から会社を引き継いでやって欲しいという話があって代表となった経緯があります。
会社をやってほしいとお願いされたんですか?社長さんに?
ええ、そうなんです。会社を辞めてしばらくは個人事業主でベストアンサーという屋号を立ち上げてやっていたのですが、法人化してやっていきたいと思った時にちょうど会社を引き継いで欲しいという話があって…。ジェネロスハーツからベストアンサーに名義変更して、業務内容も全く違うものに変えて…。
えぇっ、引き継ぐってそういう事だったんですか。
はい、僕は2019年に法人化したんですけど、登記上では何年も続いている会社になってます。
ちょっと、というかかなり特殊な経緯ですね。
はい(笑)デザインの大学に行っていたので、デザイン系の仕事をやっています。
デザインの大学へ行かれてましたが、ウェブデザインはまた違う分野ですよね?どこで学んだのですか?
そうですね。嵯峨美術大学はあまりウェブは扱わない学校で、一応授業はあったんですが基礎的な事ばかりで。個人的に自分でウェブサイトを作ったり勉強はしてました。会社に入ってからコピーライターを半年間やって、その後ウェブディレクターに異動になって…そこでは習うより慣れろでウェブの知識を吸収していきましたね。
Q4.会社の代表となられて、会社の経営とか経理とか法人化する上での知識はどこで学んだのですか?
実は経理とかまだまだ追いつけてない状態で、ジェネロスハーツの経理の方から教えてもらいながらやってます。
澤渡さんの周りのご縁だとか環境が凄く良かったんですね。とても運が良い!
Q5.会社の代表となられて、周りの反応はどうでしたか?
そうですね。両親は特に反応がなかったですね。へぇ、そうなんや程度で。周りの方々から見ると不思議かもしれませんが、子どもに対して関心がないみたいで。早稲田から京都の美術大学へ変わる時も反対されたやろ!ってよく言われるんですが、やりたいんやったらやれば?みたいな結構昔から自由にやらせてもらってましたね。

ベストアンサー株式会社のお仕事について

Q6.ベストアンサー株式会社ではどのような業務を行っているのですか?
ホームページ(ウェブサイト)を作ったり、チラシを作ったり、デザインをしたり。あとはホームページの運用管理もやっています。

ホームページってちゃんと作ろう思って制作会社に依頼すると最低でも30万、100万くらいかかってくるんですよね。これから組織の時代から個人の時代になってくると言われていて、個人で業務をやって個々に発信していく時代になった時に、ホームページって1人1つという時代になってくると思うんです。そうなった時にホームページに大金をかけられないと思うので、そういう方の為にテンプレートをカスタマイズする程度であれば安価にホームページを作れるサービスをやっていこうかなと思っています。

PHP とかプログラミングもされるんですか?
PHP はできないんです。もし1からホームページを作る案件があって PHP を使ってカスタマイズが必要な場合は、外部のパートナーと協力してやっていくという感じです。
Q7.一人で会社をやって苦労ややりがいはありますか?
苦労する事は支払い…ですね。全部自分でお金のやりくりをしないといけないですし、会社員だったら年金や保険も会社がやってくれましたが、それも自分でやらなくてはいけません。あとは、やりたい事が多すぎて時間が足りませんね。
時間が足りないというのは仕事が多すぎるという事で?
仕事はもちろんですけど、今後自分でやっていく新しい事とか色々とありますね。
法人化しているだけでお金がかかりますよね。
法人税?登記のお金ですか?
それもそうですが、ここの事務所の賃料もいりますよね。
そうですね。なので食べていく分を稼がないと死んでしまうという。
それだけで月額の固定費が圧迫されそうですね。
大変な所です。そして、やりがいを感じる事は自分が作ったデザインで喜んでもらえたり、世の中に出て使ってもらえる事ですかね。
Q8.仕事はどうやって得ているのですか?
ポートフォリオ(※)を見せます。
※ポートフォリオとは自分の経歴や作品サンプルをまとめた作品集の事。
自分はこういう経歴の持ち主で、こんなのが作れますという事を示したり…。
自分で企業さんに営業に行くという事ですか?
制作会社さんから外注として依頼頂いて作ってますね。なので最初に制作会社さんの良い関係を築けたら定期的にお仕事を頂けます。
自分で仕事を取りに行く事もあるんですか?
実は営業が苦手で、外注で仕事を頂いたり知り合いから紹介してもらったりするだけなんです。
Q9.どんな1日のスケジュールで仕事をされているのですか?
僕は結構仕事が早いと思ってて、夜中でも関係なく仕事やってるんで柔軟にできますね。
いつも何時に出社するだとか…。
あぁー、それは特に決まってないですね。いつも事務所にいるわけじゃないんです。ミッション&パッション(元ジェネロスハーツ)さんの方に行っている事もありますし、自宅で作業する事もありますし、大きいパソコンは事務所にしかないので集中してやりたい時は夜中でも作業してますね。
それは結構ブラック企業を呈していませんか?
いやー、でも会社員時代よりも仕事の時間は減って自由時間も増えてますよ。会社員の時だったら朝6時に起きて夜の22時23時に帰ってくるという事がザラだったので家ではほぼ寝るだけみたいな生活で自由な時間がほとんどありませんでした。ゆとりがあるので色々今後の事を考えられる時間があるのがありがたいです。
ここの事務所を借りた理由は何ですか?
それは、ここのビジネスオフィスは色んな方がいらっしゃるので色々教えてもらえるかなぁと思ったのと、信用ですかね。自宅よりもちゃんとした事務所を構えていた方が仕事上有利かなぁと思ったので借りました。
Q10.差し支えなければ会社員時代と比べて懐の状況はどうですか?
えー、どうでしょう。ほぼ同じくらいですかね。でも時給換算すると上がってます。会社員時代の時に残業とか合わせて時給換算すると、バイトとほとんど変わらなかったんですよ。その事実を知ってバイトしてても実入りは一緒やんみたいな。これはちょっといかんと思って、独立してからは時給を上げて生産性を上げて行く事を心がけました。

一つの仕事の案件にどれだけ時間がかかったかなどしっかり時間を計測しています。自分の生産性を上げて自由な時間を作れるようになりました。

締切関係なく納品する感じですか?
そうですね。仕事が早い事も評価のポイントだと思うので。
Q11.ウェブデザインをする時はどのように考えて構築していくのですか?
そのホームページのターゲット(対象者)を考えて、その方々にとってわかりやすいデザインを心がけていますね。
そのターゲットが好きそうな配色とかですか?
そうですね。色とかもそうですし、下請けの場合はお客さんのご要望をまとめてくださるので、その要望に沿ったものを作れるように努力します。それにプラスアルファで「こうした方がもっと良いんじゃないか?」という提案もさせて頂く事もあります。ちょっと遊び心を取り入れたいという野心がありますね。
Q12.ベストアンサーとして初めて仕事をもらった時のエピソードを教えてください。
初めての仕事は、会社のホームページのリニューアルといういきなり大規模案件で緊張してヒヤヒヤでしたね。会社員時代のウェブディレクターの経験が活きて、しっかりやりきる事ができました。今でも更新や改修などお付き合いがあるのでとてもありがたいです。

月額で運用費を一括でもらって何か改修する度に引いていくイメージです。

俗に言うサポート費みたいなやつですか。月額いくらでサポートしますよとか。
そんな感じです。
Q13.今後やってみたい事や目標は何ですか。
ベストアンサーでの業務はこれから大きくしていこうとは思ってなくて、小規模でも続けていけたらいいなと思っています。他のデザイナーさんにも仕事を振れるように仕事の案件を増やしていきたいなと思います。例えば簡単な仕事だったら学生さんとかにも仕事を回したいですね。僕も学生時代に実際にお金をもらってデザインの仕事をするという経験がとてもためになったので、そういう所に貢献していきたいです。なのでそれくらい仕事を回していきたいなというのが近い目標です。

あとはウェブデザインとは別の事業で、ウェブサービスやプラットフォームを作りたいとか、民泊事業をやってみたいなとか。外国人向けの観光ガイドサービスができないかなとか色々考えてて、これから挑戦していきたいなと思っています。

外国人向けのサービスはこれから色んな所で切望されてますよね。

澤渡さんのもう一つの顔「グラレコ」とは?

グラレコってご存知ですか。
いえ…知らないですね。
近年流行ってる手法でグラフィックレコーディングの略です。会議とかの議事録は普通文章で書いていくんですが、文章だけだと改めて読み返した時に見にくいのでイラストとか図解とかを交えながらリアルタイムに記録していく手法なんです。すると後から見返したり、会議に参加していない人でも読みやすくて内容を理解しやすいものが出来上がります。最近グラレコを始めたんですが、それは会社とは別に個人として将来的にグラレコの人みたいになれたらいいなと思っています。


(グラレコの例)

議事録を字だけではなく絵も描くという事ですよね、かえって時間がかかって追いつけないのではないでしょうか?
案外サクサク書けるんですよね。リアルタイムでも追いつけるくらいです。メディアとして映像が一番伝わりやすいものだと思っているのですが、映像って録るのも編集するのも大変ですし見る人も時間取られますよね。それを思うと、パッと見て直感的にわかるグラレコは良いとこ取りの丁度いいメディアじゃないかなぁと思ってるんです。実は会議でグラレコ専門の人が雇われてる所もあるらしいんですよ。
それも一つの事業にしたいと
ゆくゆくはそうしたいですね。
グラレコというものを初めて知ったのですが興味深いですね。面白いです。
そうでしょう。
ようするに簡単な仕事は自分でやらずに他の人に振って、自分は新しい事に挑戦していく方向で考えられているんですね。
そうです。僕以外でもできる仕事はなるべく他の人にお願いする感じで。
それはつまり社長になるイメージですよね。今でもお一人ですから社長には変わりないんですが。
そうですね。今も社長兼デザイナーですが(笑)
Q14.会社で人を雇う事は考えているのですか?
それについてはどうしていこうか考えているんですが人を雇うとなると色々と難しい事が出てくるので、雇うとしてももっと先の事かなぁと思っています。
Q15.最後に何かメッセージがあればお願いします。
ホームページを作るには大金がかかると思っていませんか?今後もし何か事業をやりたいとか、新しくお店を出すという時にはホームページを安価に作れますし SNS の運用などもアドバイスできますのでベストアンサー株式会社までお問合せください。

ベストアンサー株式会社
住所:滋賀県米原市下多良2-137
電話:090-8880-5296
公式サイト:滋賀県米原市のデザイン制作会社 ベストアンサー

本日はどうもありがとうございました。

おわりに

ベストアンサー株式会社の澤渡健太郎さんにお話を伺いました。私は昔ウェブデザイナーとして働きたくて仕事を探しましたが米原市にはありませんでした。都会にまでは出たくなかったので滋賀県内で探しましたが、湖南まで行く事になりました。やりたい仕事がなければ多くの人が都会へ出ていく選択をされると思います。やりたい仕事がなければ自分で作る事ができるし田舎でも仕事ができる事を澤渡さんは実践されていて、こういう働き方もあるという事を頭の片隅にでも置いておいて欲しいと思います。

第2弾はこちら。

ベストアンサー株式会社社長の澤渡健太郎さんとウェブの未来について対談【第2弾】

米原市でウェブ制作会社を設立し、20代で会社の代表となった澤渡健太郎さんのインタビュー第2弾をお届けします。 第2弾は令和の時代から考えられるウェブの世界の未来について色々考察してお話しました。圧倒的 ...

続きを見る

いいね!で米原市の最新情報をチェック!

スポンサーリンク

最新情報をTwitterでチェック

-インタビュー
-

まいばらんど協賛スポンサー

創作ダイニングえん
スポンサー募集
スポンサー募集
スポンサー募集

Copyright© まいばらんど | 米原市観光ポータルサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.