滋賀県米原市地域情報観光ポータルサイト

広告掲載について

名水

米原市醒井の浄蔵法師が開いたと伝わる名水「十王水」

米原市の醒井は年間通して14℃程度の清らかな水が流れる地蔵川があり、付近は湧水群で多くの場所から水が湧き出ています。地蔵川に流れ出る「十王水」もその一つです。

他の湧水地帯と違って、ここから水が湧き出ているとは気付き難いかもしれません。地蔵川の中に十王と彫られた灯籠が建っており、これが目印となります。水が湧き出ている場所は民家の裏手で中に入ることはできません。水を汲みたいなら他の湧水地帯へ行きましょう。

十王水は三善清行の子で、平安時代中期の天台宗の僧侶「浄蔵法師」が諸国を巡り修行の途中、この水源を開いて仏縁を結ばれたと伝わる水です。本来「浄蔵水」と呼ばれるところ、近くに十王堂があった事から「十王水」と呼ばれるようになったと言われています。

十王水へのアクセス

十王水は地蔵川を跨ぐ2つの石橋付近にあります。

JR 醒ヶ井駅前交差点を南へ行き、突き当りを左折します。すぐ近くのT字路は直進し、2つの石橋を渡ってすぐ右側にあります。

駐車場について

中山道沿いに醒井観光客用無料駐車場があります。ここから歩いて地蔵川沿いのすぐ近くに十王水があります。

近くの湧水

西行法師が開いたと伝わる西行水。

米原市で西行法師の伝説が残る醒井の名水「西行水」

米原市醒井の湧き水群の一つ「西行水」は古来より西行法師に纏わる伝説が残る湧き水です。醒井宿の中山道沿いにありますが、梅花藻が見られる場所から離れており醒井の名水として知られる「居醒の清水」の方が知名度 ...

続きを見る

菅原道真が祀られている学問の名水「天神水」。

学問の神様も祀られている米原市醒井の美しい名水「天神水」

米原市醒井地区は湧水地帯で多くの湧水が出ています。その湧水群の一つである天神水へ行ってきました。醒井は梅花藻や宿場町観光の為に訪れる方が多いですが、この天神水は多少離れている為観光客もあまり訪れていな ...

続きを見る

湧き水情報

十王水
住所:滋賀県米原市醒井
硬度:106.4mg/L(中硬水)

いいね!で米原市の最新情報をチェック!

スポンサーリンク

最新情報をTwitterでチェック

-名水
-

まいばらんど協賛スポンサー

創作ダイニングえん
スポンサー募集
スポンサー募集
スポンサー募集

Copyright© まいばらんど | 米原市観光ポータルサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.