滋賀県米原市地域情報観光ポータルサイト

広告掲載について

農園

米原市の世界最先端農園「三成農場」の甘くみずみずしい完熟いちご

AI(人工知能)や IoT 技術を駆使した世界最先端農園「三成農場」でいちごやトマトが栽培されています。安心・安全・美味しい食材を自分で作りたいと保存料や添加物のないオーガニック農産物の三成にちなんだブランドが誕生しました。

※IoT とは(Internet of Things)の略で、モノのインターネットという意味です。インターネットと言えば普通パソコンやスマートフォンなどデバイスに接続されるものでした。しかし近年では家電や照明にもインターネットに繋がるようになっています。これが IoT の一種。更に進んで植物や野菜にもインターネットに繋がる事が可能になっています。

野菜にもインターネットが繋がる IoT 技術で何ができるようになるのか?普通野菜を育てていても植物の健康状態や水の供給状態は見た目や勘でしか判断できません。しかし、AI や IoT 技術で生育環境や野菜の状況をリアルタイムで監視し、常に最適な状態100%で栽培できるという最先端農場技術なのです。

そしたら持てる才能を最大限に活かした完熟の野菜ができるというわけですね。

三成農場のいちごやトマトを買うには

Cafe du mbf

そんな最先端技術で作られた農産物が気になりますか?それなら米原駅東口からほど近い場所にある古民家カフェ「Cafe du MBF」にて販売されています。

三成農場で栽培されたいちご「紅ほっぺ」。

みずみずしさと甘さのバランスがとれた真っ赤なトマトも。

野菜の販売はシーズン期間中のみでいつもあるわけではありません。

三成農場のいちご

紅ほっぺ小サイズ(540円)を購入しました。どれも真っ赤な完熟いちごで甘い香りが漂います。

手に載せたらこんなサイズ感。とても形が整ったいちごです。

糖度が10以上あるという事で期待もありましたが、確かにとても甘くてみずみずしくて美味しいです。ただ甘いだけではなくいちご特有の酸味と甘酸っぱさも主張していてとてもバランス良いいちごだと思いました。

cafe du MBFへのアクセス

米原駅東口から出て徒歩5分ほど歩きます。東口から出て国道8号線まで行き北へ。

米原警察署南交差点を東へ行き小路へ入ります。滋賀銀行がある角です。ここの突き当りがcafe du MBFです。

駐車場について

お店の左隣りに専用駐車場が7台分あります。縦列駐車が必要な場所もあります。

お店の正面にも2台分の駐車スペースがあります。

お店情報

cafe du MBF
住所:滋賀県米原市米原661
営業時間:8:00~19:00(イタリアンランチ:11:30~14:30 / ディナー:17:00~21:00)
電話:0749-52-5330
定休日:水曜日
公式instagram:café du mbfさん(@cafe_du_mbf) • Instagram写真と動画

関連記事

米原駅近くのパン屋に併設する古民家イタリアンレストラン「Cafe du MBF」

米原駅から徒歩5分程度の所にイタリア料理が食べられる古民家レストランがあります。Cafe du MBF はパン屋として営業していましたが、何とイタリアンも始められたのです。米原市でイタリアンが食べられ ...

続きを見る

いいね!で米原市の最新情報をチェック!

スポンサーリンク

最新情報をTwitterでチェック

-農園
-

まいばらんど協賛スポンサー

創作ダイニングえん
スポンサー募集
スポンサー募集
スポンサー募集

Copyright© まいばらんど | 米原市観光ポータルサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.