滋賀県米原市地域情報観光ポータルサイト

自然

米原市醒井の夏の風物詩、梅花藻ライトアップで地蔵川に咲く花が神秘的に輝きます

梅花藻の花

夏の風物詩と言えば、花火、夏祭り、盆踊りなど色々とありますが米原市ではもう一つの夏の風物詩があります。それは、梅花藻鑑賞です。

梅花藻とは冷涼な清水を好む水草で川の水底に群生する植物であり、水温が25℃を越えると生育できなくなるという性質を持ちとてもデリケートな植物です。5月から9月初旬にかけて名前の通り梅の花のような小さい白い花を咲かせます。その光景は川に宝石を散りばめたような美しい川の花畑となり、夏にはその美しい光景と冷涼感を求めて多くの観光客が訪れます。

梅花藻鑑賞地の場所

滋賀県米原市の醒井地区にあります。JR 醒ヶ井駅から約10分ほど歩き、居醒の清水としても有名な地蔵川に梅花藻が生息しています。

梅花藻鑑賞の地蔵川沿いを通る中山道は生活道路の為、梅花藻鑑賞の為の車の侵入は制限されています。電車で行くか徒歩で行きましょう。

駐車場について

駐車場は醒ヶ井駅前の駐車場を利用できます。しかし数に限りがあるので満車の場合もあります。梅花藻鑑賞のシーズンには近隣に有料駐車場が開かれる事があります。

梅花藻ライトアップ開催時期

梅花藻鑑賞の最も見頃となる7月下旬~8月初旬には梅花藻ライトアップが開催されます。梅花藻は日中でも美しいですが、夜にライトアップされると一際美しい光景を見る事ができます。それはもう川に広がる輝く草原と花畑のようです。

毎年だいたい同じ時期に開催されますので、日が近くになったら滋賀県の公式ホームページなどをチェックしてみてください。

バイカモライトアップ/滋賀県

ライトアップ時間

時間については19時半~20時半までです。夏の19時半というとまだ空が微妙に明るいですから20時頃が見頃です。ライトアップに合わせて訪れる場合は多数の観光客が訪れるので駐車場が一杯になる事があります。ライトアップ時間より前に訪れる事をおすすめします。

ライトアップされた梅花藻

ライトアップされた梅花藻は息を呑むような美しい光景でした。写真ではなかなか伝わりにくいですが、これは本当に自分の目で見るべきです。川辺に一眼レフカメラやスマートフォンのカメラを構えた人がずらりと並んで写真を撮影していました。中には防水カメラで川の中を撮影する人も。

梅花藻ライトアップ

アップで見るとこんな光景です。清らかな地蔵川の流れにゆらゆらと白い梅花藻の花が揺れています。水面から白い花が顔を出しています。

夏の夜に清流に浮かぶ梅花藻を眺めながら夕涼みはいかがでしょうか。

陶あかり作品展

陶あかり作品展

梅花藻ライトアップ会場の脇で「陶あかり作品展」もありました。こちらも美しい光のイルミネーションです。

梅花藻ソフトクリームがおすすめ

丁子屋外観

米原市醒ヶ井のご当地ソフトクリームに丁子屋の「梅花藻ソフトクリーム」があります。梅花藻パウダーが練りこまれたソフトクリームです。梅花藻はミネラルが豊富に含まれています。このご当地ソフトクリームはここでしか食べられません!梅花藻ライトアップ会場のすぐそこにあるので、梅花藻ライトアップに訪れたら是非行ってみてください。20時まで開いているようです。

梅花藻ソフトクリーム

やや緑色をしたソフトクリームです。梅花藻の不思議な味わいを是非ご賞味ください。

梅花藻ソフトクリーム
米原市のご当地ソフト「梅花藻ソフトクリーム」は醒ヶ井の丁子屋で食べられます

今まで数々の変わり種ソフトクリームを見てきましたが、梅花藻ソフトクリームという変わり種は初めてです。滋賀県米原市醒ヶ井のご当地ソフトクリームなのですが、米原市に住んでいながら知りませんでした。という事 ...

続きを見る

梅花藻ライトアップ

いいね!で米原市の最新情報をチェック!

スポンサーリンク

最新情報をTwitterでチェック

-自然
-

Copyright© まいばらんど | 米原市観光ポータルサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.