滋賀県米原市地域情報観光ポータルサイト

広告掲載について

特産品

米原市の特産柿「伊吹平核無柿とブランド柿の霊峰」の特長と買い方

伊吹平核無柿

米原市に長い歴史を持つ特産品の柿をご存知でしょうか?米原市伊吹の地で昭和27年から「伊吹平核無柿」という柿が、米原市の伊吹果樹組合さんを中心に生産されてきました。

旧伊吹町では国による自作農創設特別措置法の公布で平林が開墾され、戦後の食糧難を克服するために伊吹平核無柿の生産が始まったといわれています。

伊吹果樹組合の組合長さん瀧澤さん、副組合長さんに伊吹平核無柿についてお話を伺いました。

伊吹平核無柿とは?

米原市で生産されている「平核無柿」という品種の渋柿です。「平で四角く、核(種)が、無い、柿」という事です。米原市の伊吹山の麓は昼夜の温度差が大きく、柿の生育に適しており甘みが格段に増すそうです。

渋柿ですから渋いのです。そのままでは食べられません。その為、脱渋という工程を挟んで出荷されます。脱渋すると渋が抜けて甘くなるのです。

どうすればもっと伊吹平核無柿を知ってもらえて、買ってもらえるか。米原市の柿をもっと盛り上げる為に開発されたのが「霊峰」という高級柿ブランドです。

高級柿ブランド「霊峰」

高級柿「霊峰」は日本の農家さんの中でも限られた農家さんしか採用していない「樹上脱渋」という製法で作られた柿です。生産にかける時間もリスクも増大する製法で大量生産はできません。

「樹上脱渋」とはその名の通り収穫前に脱渋も行う製法です。渋柿は渋いので獣害にはあいませんが、霊峰は収穫前に甘くなるので、猿などに荒らされるリスクが増大します。

そのリスクを乗り越えて出来上がった柿は、甘さが凝縮され美味しさが格段にアップします。

柿の断面図を見ても違いは一目瞭然です。左は普通の伊吹平核無柿で、右が高級柿ブランド霊峰です。柿なのに黒くて驚きます。これは密が凝縮された為に黒く見えます。

霊峰の特長としてはギュッと凝縮され梨のようなシャキシャキした食感です。また普通の柿より長持ちする特長があるそうです。

  • 伊吹平核無柿:やや柔らかめでジューシー。
  • 霊峰:硬めでシャキシャキした食感で更に甘みがある。

伊吹平核無柿が買える場所

10月下旬から11月中旬にかけて、米原市または近隣の道の駅、スーパーの青果コーナーで販売されます。

伊吹の里 旬彩の森でも販売されます。

米原市の伊吹の里旬彩の森で秋の収穫感謝祭「旬彩まつり」が2019年10月27日開催

米原市の道の駅「伊吹の里 旬彩の森」で旬彩まつりが2019年10月27日(日)に開催されます。秋の収穫感謝祭として開催される恒例イベントです。 目次1 イベント日程1.1 催し物1.2 米原市特産!伊 ...

続きを見る

霊峰に関しては受注生産品となるのでシーズン前に予約が必要です。興味のある方は JA レーク伊吹へご連絡ください。

電話:0749-63-2106

新たな挑戦「柿チップス」

柿を使った新しいお土産を作って、観光客の方にも手に取ってもらおうと開発中なのが「柿チップス」です。どうすればドライフルーツとしてより美味しくなるのか、試行錯誤を繰り返し開発が続いています。

商品化となれば、米原市各地のお土産店や道の駅、観光拠点で販売される予定です。

おわりに

伊吹平核無柿を生産されている伊吹果樹組合さんに取材させて頂きました。65年以上も米原市で生産が続いているにも関わらず、最近まで知りませんでした。伊吹そば同様、伊吹の柿としてもっと盛り上がってもおかしくないのにと思います。例えば洋菓子店さんや和菓子店さんと連携できたら面白いのにと思いました。

シーズンは10月下旬から11月中旬の限られた期間です。是非米原市の伊吹平核無柿を一度ご賞味ください。

お問合せ

JAレーク伊吹 販売施設課
電話:0749-63-2106

伊吹平核無柿

いいね!で米原市の最新情報をチェック!

スポンサーリンク

最新情報をTwitterでチェック

-特産品
-

まいばらんど協賛スポンサー

創作ダイニングえん
スポンサー募集
スポンサー募集
スポンサー募集

Copyright© まいばらんど | 米原市観光ポータルサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.