滋賀県米原市地域情報観光ポータルサイト

広告掲載について

JR米原駅東口周辺が再開発でホテルや商業施設が2022年オープン予定

JR米原東口

JR 米原駅は滋賀県内で新幹線が唯一停まる駅なのに何もないとはよく言われますが、米原駅の東口は本来表玄関の筈がほとんど何もないです。ご覧の通り更地が広がっています。

しかし、米原駅東口周辺の再開発計画「米原駅東口まちづくりプロジェクト」が米原市で進められています。2020年秋に着工し、2022年にオープン予定となっています。

せっかく新幹線が停まるのにこのメリットを活かしきれてないなと思っていたので、この東口再開発計画には注目しています。

何ができるの?

米原駅東口の再開発でどんなお店ができてどんな施設ができるのか。事業者は募集中であり詳しく何ができるかはまだわかりませんが、以下のような施設のオープンが予定されています。

  • ホテル(自転車も持ち込める)
  • 演劇ホール
  • 地産地消の特産品を販売するマルシェ
  • 子ども向けスポーツ体験コーナー
  • 飲食店
  • 淡水魚の展示施設

当初は淡水魚水族館の開業も予定されていましたが、収益化が難しく計画から除外されました。その代わりに淡水魚の展示施設の設置も検討されています。

ビワイチも意識した施設造り

琵琶湖一周を自転車で行うという「ビワイチ」がサイクリストの間で話題です。1周200kmのコースで1泊2日で挑戦するのだとか。年間5万人ものサイクリストが挑戦しています。

米原駅東口では、ビワイチを行う為のレンタサイクルショップもあります。そうした事から米原駅東口まちづくりプロジェクトでは、自転車も持ち込めるホテルの建設が計画されています。

米原駅をビワイチのスタート地点とする人も多く、サイクリングをする人にも拠点として使ってもらえるようにする為ですね。

おわりに

米原駅東口の再開発が2022年オープンに向けて動き始めています。米原駅周辺も栄えるようになるのはとても楽しみですね。

関連イベント

2019年6月8日に米原駅東口都市公園の未来を考えるイベントが開催されます。参加無料。

未来の米原都市公園を考える「DIYパーク2」2019年11月4日開催

米原駅東口は「米原駅東口まちづくりプロジェクト」で再開発計画が進められています。2020年着工予定で2019年現在は空き地が広がっています。将来ここに宿泊施設や商業施設、都市公園ができる予定ですが、こ ...

続きを見る

JR米原東口

いいね!で米原市の最新情報をチェック!

スポンサーリンク

最新情報をTwitterでチェック

-
-

まいばらんど協賛スポンサー

創作ダイニングえん
スポンサー募集
スポンサー募集
スポンサー募集

Copyright© まいばらんど | 米原市観光ポータルサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.